コシヒカリと麦のブレンド茶!surf【コメとムギ】飲んでみた。

穀物系ブレンド茶『コメとムギ』を飲んでみました。
商品名だけだとお茶なのかわかりませんが、シンプルで変わった名前と明るいデザインが目を引きます。

米、麦芽、大麦の3種の穀物ブレンドしていて、お米は国産のコシヒカリが使用されています。

お米のお茶というと、以前、JR東日本管内のエキナカ自販機ブランドの『ゆめぴりか茶』というものがありましたが、香ばしくして甘みのあるペット茶でした。

スポンサードリンク

原材料には食物繊維も

原材料:米、食物繊維、麦芽、大麦、乳化剤

穀物系なのでノンカフェイン(カフェインゼロ)

トクホ系ではないのですが、食物繊維も1.5g含まれています。
ちなみに、アサヒ飲料のブレンド茶である『十六茶W(ダブル)』 に含まれる食物繊維(難消化性デキストリン)は5g。

製造はサーフビバレッジ
東京が本社で有機JAS工場も持つ飲料メーカー。クイーンズ伊勢丹、ライフなどの大手スーパーのプライベートブランドペット茶の製造先としてもよく見かけます。

後味にお米の風味

香りは、特徴はなく、よくあるブレンド茶の香り。

飲んでみると、香ばしくすっきりした味ですが、お米の甘みは期待していた少なめで、まろやかというより少し硬めなブレンド茶という印象です。

でも後味に残る香ばしさが、どこか「おせんべい」を食べた後のようでもあって、ちょっとおもしろい。
甘みは少なめですが、お米も使ったお茶だとわかるブレンド茶です。

食品スーパーのザ・ガーデン自由が丘で見つけた穀物系ブレンド茶『コメとムギ』。
チェックしてみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

たくさんある!【ノンカフェイン(カフェインゼロ)】のお茶一覧

2016.09.02
スポンサーリンク