どこがおいしい?ちがいは?【抹茶の豆乳チルドパック】飲んでみた。

抹茶の豆乳チルドパックを飲みくらべしてみました。

抹茶ラテは好きだけど、牛乳より豆乳の方が大豆タンパクイソフラボンなどのポリフェノールも摂れてヘルシーでいいといいという方もいます。
牛乳の抹茶ラテに比べると、地味で種類も少ない印象の抹茶の豆乳製品。スーパーやコンビにで見つけることができた4商品を飲み比べしてみました。

左から、キッコーマンソイフーズ、マルサンアイ、大塚チルド食品、生協コープのチルドタイプの豆乳抹茶商品です。

スポンサードリンク

<キッコーマンソイフーズ>豆乳飲料 抹茶

キッコーマンソイフーズの豆乳。紀文ブランドの豆乳としてなじみがあるパッケージです。
特徴は、黒蜜を使用していること。
大豆はカナダ産です。

容量:200ml
価格:90円(税抜)

原材料:大豆(カナダ産)(遺伝子組換えでない)、砂糖、米油、抹茶、黒蜜、天日塩、香料、チャ抽出物、レシチン、貝カルシウム、糊料(カラギナン)

香料は使用されています。

成分、カロリー
大豆固形分:4%以上
大豆イソフラボン:28mg
カロリー:142kcal
タンパク質:5.5g

豆乳飲料 抹茶:キッコーマンソイフーズ
http://www.k-tounyu.jp/03_lineup/03-011.html

<マルサンアイ>ソイプレミアムひとつ上の豆乳 豆乳飲料抹茶

特徴は、抹茶に宇治抹茶を使用していること。
大豆は国産大豆です。

容量:200ml
価格:105円(税抜)

原材料:大豆(国産)(遺伝子組換えでない)、糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、抹茶、植物油脂、発酵調味液、食塩、酵母エキスパウダー、香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、pH調整剤

香料は使用されています。

成分、カロリー
大豆固形分:5%
大豆イソフラボン:36mg
カロリー:121kcal
たんぱく質:6.0g

ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 豆乳飲料抹茶:マルサンアイ
http://www.marusanai.co.jp/lineup/detail.php?id=63506

<大塚チルド食品>ミルクのようにやさしいダイズ 抹茶

特徴は、カルシウムが230mg含まれていること。他の3製品のカルシウムは多くても60mgなので4倍です。
大豆の産地の記載はなし。

容量:200ml

原材料:大豆(遺伝子組換えでない)、水あめ、砂糖、植物油脂、海藻エキス、抹茶、食塩、ビタミンK2含有食用油脂、乳酸カルシウム、炭酸カルシウム、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンD

香料、甘味料は使用されています。

成分、カロリー
大豆固形分:4%以上
大豆イソフラボン:19mg
カロリー:90kcal
たんぱく質:3.5g

ミルクのようにやさしいダイズ 抹茶:大塚チルド食品
http://www.otsuka-chilled.co.jp/product/milkdaizu_fl/

<生協コープ> 国産大豆の豆乳飲料 青汁抹茶

特徴は、ケール青汁、大麦若葉を使用していること。
大豆は国産大豆です。

容量:200ml

原材料:大豆(国産)(遺伝子組換えでない)、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、ケール汁、抹茶、食塩、大麦若葉粉末/乳酸Ca、安定剤(ジェランガム、ペクチン)、香料

香料は使用されています。

成分、カロリー
大豆固形分:4%以上
大豆イソフラボン:14mg
カロリー:85kcal
たんぱく質:4.3g

国産大豆の豆乳飲料 青汁抹茶:生協コープ
http://goods.jccu.coop/lineup/4902220772384.html

大豆の成分ではマルサンアイ

まとめてみると、カロリーが一番少ないのは、生協コープ。
大豆固形分、イソフラボン、タンパク質の含有量が一番多いのはマルサンアイの豆乳抹茶です。

キッコーマン マルサン 大塚 生協
大豆固形分 4%以上 5% 4%以上 4%以上
イソフラボン 28mg 36mg 19mg 14mg
カロリー 142kcal 121kcal 90kcal 85kcal
タンパク質 5.5g 6.0g 3.5g 4.3g
使用大豆 カナダ産 国産 表記なし 国産

抹茶の濃さでもマルサンアイ

水色を比べてみると、『ミルクのようにやさしいダイズ(大塚チルド)』だけが抹茶色がとても薄いミルク色、他の3製品はほぼ同じ抹茶色です。

飲んでみると、思っていた以上に各製品に味のちがいがありました。

キッコーマンソイは、抹茶の味はありますが、香りも味も黒蜜感がしっかり。黒糖好きならおすすめ。

マルサンアイは抹茶が濃くて風味も自然。豆乳の濃厚さもあります。抹茶の豆乳という意味では一番シンプルな味。

大塚チルド食品はネーミング通り、ミルク感があり牛乳系の抹茶ラテを飲んでいるようですが、抹茶は少し香料感ある抹茶風味です。

生協コープは、抹茶の味はありますが、青汁だと思われる少しクセのある風味もあります。

いずれも、豆乳のクセはなく、抹茶とのバランスもいいので飲みやすいのですが、シンプルに自然な抹茶を味わえるという意味なら、個人的にはマルサンアイの豆乳抹茶を選びそうです。

大豆のイソフラボンと抹茶カテキン、2つのポリフェノールが摂取できる抹茶の豆乳チルドパック
飲み比べしてみては。

今日もお茶で素敵な一日を。

▼Amazon / 楽天

スポンサーリンク