午後ティーの新ソーダ!【TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール】<キリン午後の紅茶>

キリンの午後の紅茶『TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール』を飲んでみました。
2017年7月11日(火)発売

キリンの午後の紅茶「午後ティー」は、1986年から30年の歴史のある日本初のペット入り紅茶。
『TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール』は、その午後ティーシリーズの炭酸系の新商品。他にはリンゴ果汁のアップルティーソーダ(期間限定)があります。

スポンサードリンク

炭酸飲料の不満を調査して作った午後ティー

午後の紅茶『TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール』は、商品名そのままに、グレープフルーツとレモンの果汁が入った炭酸のフルーツフレーバー紅茶ですが、キリンが大人の炭酸飲料に対する不満を調査した上で作ったという商品です。

その炭酸飲料の不満とは、この2つだそう、
・仕事、家事の気分転換に合わない
・人工的で子供っぽいイメージがある

確かに・・・。

炭酸飲料は基本的に甘くて、人工的な味や香料感のあるものが多く、仕事中にシュワシュワしたものが飲みたくなって買っても、最後まで飲みきれないことがしばしば・・・。

大人でも楽しめる炭酸飲料というと、アップルタイザーや、ウィルキンソンのビンのジンジャエール(辛口)をイメージします。
最近では、炭酸水がブームになっていて、シュワシュワしたいときは、もっぱらウィルキンソンの炭酸水で十分満足しています。

確かに大人でも楽しめる炭酸飲料

『TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール』の水色はジンジャエールのようなゴールドカラー。香りは、スッキリとした紅茶の香りがします。

飲んでみると、グレープフルーツとレモンの風味がする紅茶。グレープフルーツの香りが鼻から抜けます。
甘さは控えめで、レモンピールの苦みがしっかりしたビターなティーソーダという感じです。

これなら、シュワシュワしたものに少し甘みが欲しいときに丁度良さそう。
グレープフルーツの香りも気分をリフレッシュするのにも効果がありそうです。

国産てんさい糖とは?

パッケージに表示されている『てんさい糖』。
てんさい糖は「甜菜(てんさい)」という植物からできていて、きび砂糖と同じで精製されていない茶色の砂糖。
甘さもまろやかで、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖が含まれているのが特徴です。

原材料、カロリー

香料は使用されています。
果汁は10%未満です。

果汁(グレープフルーツ、レモン)、砂糖(てんさい糖(国産))、レモンピールペースト、紅茶/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

カロリー 16kcal(100ml)
炭水化物 4g(100ml)

キリンの新商品、午後の紅茶『TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール』。
チェックしてみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

▼Amazon / 楽天

午後の紅茶:キリン
http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/gogo/

スポンサーリンク