お〜いお茶「新茶」と1,000円のお〜いお茶「初摘み新茶」を飲み比べ

1,000円の「初摘み新茶」と並んで、スーパーで88円で販売されていた お〜いお茶「新茶」。ともに春だけの数量限定もの。せっかくなので、2つの違いを飲み比べてみました。

両方ともに茶葉は鹿児島で摘まれた新茶100%。1,000円の方が88円の方で使用している茶葉より、さらに早く摘まれた新茶のようです。
最も早く摘まれた新茶のことを「大走り新茶」といいます。

スポンサードリンク

「新茶」と「初積み新茶」の香りと味

水色は、88円の方が明るい黄金色。ともにグラスに入れてもきれいに見えます。
香りは、両方同じ感じ。
味は、1,000円の初摘み新茶の方が濃く、甘みプラス少しを苦みを感じます。
88円の新茶の方は、飲み比べると薄い印象を受けますが、甘みをすごく感じます。爽やかさ、上品さも88円の方がありました。

FullSizeRender (3)

自分でお〜いお茶の新茶を味わうだけなら、88円の「新茶」でも新茶の甘さ、爽やかさは十分楽しめます。
値段とは関係なく、飲めば「福」がくるという新茶。春の季節限定ものなので、お忘れなく!

今日もお茶で楽しい一日を。

▼Amazon / 楽天

こりゃ甘い!1000円の「氷水出し玉露」お〜いお茶飲んでみた。

2016.06.15

1,000円のお〜いお茶「初摘み新茶」飲んでみた。

2016.04.30
スポンサーリンク