老舗料亭監修!釜炒り茶を使った【なだ万監修 旨みの日本茶】

日本料理の老舗なだ万監修のお茶、アサヒ飲料の「旨味の日本茶」。
コンビニやスーパーではあまり見かけることがありませんが、アサヒの自販機で買うことができます。

にごり系の緑茶です。
なだ万監修とあれば、日本料理にあう味付けを期待します。

ファイル_002 (48)

パッケージには透かしのようになだ万本店の正門が。。みえない・・。

パッケージには、ホテルニューオータニ日本庭園内にある「なだ万本店 山茶花荘さざんかそう」の正門をデザインし、日本の食文化をリードしてきた「なだ万」の伝統と格式を表現する事で、おいしさへのこだわりを伝えています。
(アサヒ飲料)

ファイル_004 (31)

国産茶葉100%
粉末茶と釜入り茶を使っています。
抹茶は使っていないので、にごり出しは粉末茶でしているようです。

ファイル_001 (64) ファイル_003 (42)

この商品は「釜炒り茶」をつかっているところが他の違い。

釜炒り茶
煎茶、玉露、かぶせ茶は生茶から蒸してお茶の発酵を止めますが、釜炒り茶は蒸さずに炒って作ります。
香ばしくさっぱりしているのが特徴。
釜炒り茶は、九州が多く佐賀県の嬉野茶(うれしの茶)などが有名です。

水色は明るめの黄色、かなりにごりがあります。
香りは控えめ、味は飲み口に甘みがあり後味に少し苦み。
さっぱりした味なので、のどが渇いているときにゴクゴク飲むにもおすすめ。
釜入り茶を使っていますが、あまり香ばしさは感じませんでした。

ファイル_005 (17)

コンビニ、スーパーではあまり手に入らない「なだ万監修 旨みの日本茶」。
アサヒの自販機をみかけたら試してみてください。

なだ万監修 旨みの日本茶:アサヒ飲料
https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2016/pick_0408.html

スポンサーリンク