玉露と抹茶と碾茶も使用!期間限定の東ハト「ハーベスト宇治抹茶」食べてみた。

東ハトの「ハーベスト宇治抹茶」を食べてみました。

昔から大好きなお菓子「ハーベスト」。あの薄いサクサク感が食べ出したらとまらない一品です。そのハーベストシリーズの期間限定「宇治抹茶」!ハーベストファンとしては見逃せません♪

スポンサードリンク

「ハーベスト」美味しさの秘密はふたつのこだわり!

抹茶は、宇治抹茶を100%使用しています。

re_170201_103

そして、玉露入り。
玉露は、新芽がでたときに20日間程度日光があたらないように覆うことで、お茶の旨味成分テアニン(アミノ酸)が増え、甘みと旨味のあるのが特長のお茶。

re_170201_102

ハーベストのこだわり その1


ハーベストの特徴は、なんといっても薄くとてもサクサクした食感。

こだわりの「薄焼き仕上げ」は、3mmの中にうすーい生地を何枚も重ねることで、あのサクサク感を生みだしているんですね。

re_170201_104

ハーベストのこだわり その2


風味豊かな抹茶の味わいをだすために「抹茶と碾茶(てんちゃ)を使用!」
抹茶と碾茶の2種入りとは、味が深そうです。

でも、抹茶と碾茶!?
そもそも抹茶は碾茶を石臼で挽いたものなので、同じもののはずでは?
もしかして、挽いてない碾茶の茶葉を抹茶と別に入れているということでしょうか・・・。

さらに、玉露も使用!と、うたっているので、このハーベストには、抹茶、碾茶、玉露の3種類のお茶が入っているってこと!?

re_170201_105

原材料で確認してみると、

ハーベスト宇治抹茶の原材料は、
小麦粉、砂糖、植物油脂、ショートニング、パン粉、加糖れん乳、ココナッツ、抹茶(宇治抹茶100%)、ブドウ糖、小麦たんぱく、食塩、脱脂粉乳、マーガリン、黒蜜、碾茶玉露パウダー、膨張剤、着色料(クロレラ末)、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、(原材料の一部に大豆を含む)。

抹茶(宇治抹茶100%)、碾茶、玉露パウダーと表示されています。なるほど全部入りなわけですね!
でも贅沢に3種類もお茶を使っているのに、着色料、香料は使用されているのが少し残念。

re_170201_106

カロリーは小袋あたり65.2Kcal(1枚18.3Kcal)。

re_170201_107

サックサク!軽くて絶妙な抹茶の風味が楽しい!

おなじみの4枚入りの個包装が、8袋。

re_170201_108

小袋を開けると、抹茶のいい香り〜。
なんとも言えない上品な抹茶の風味が広がります。
ほろ苦さも、優しい甘みもちょうどいいバランス!

そして、ハーベストならではのサクサク感も健在です!
おいしいですね、これ。

re_170201_109

ハーベストこだわりの薄い生地が重なっているのもよくわかります。

よーくみると、ところどころ表面に緑色の粒々が…。これが碾茶の茶葉ですね。
もしかして、碾茶は、ハーベストのゴマの代わりなのか〜。深いぞ〜!

サクサク!サクサク!あっという間に1袋ペロりといただいてしまいました。
ハーベストファンとしても、お茶好きとしてもオススメです。

re_170201_110

東ハトの「ハーベスト宇治抹茶」。
期間限定なので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

今日もお茶で楽しい一日を。

▼Amazon / 楽天

ハーベスト宇治抹茶:東ハト
http://tohato.jp/products/harvest/

スポンサーリンク