セブンの抹茶スイーツ【豆乳仕立ての宇治抹茶ティラティス】食べてみた。

セブンイレブンの抹茶のスイーツ『豆乳仕立ての宇治抹茶ティラティス』を食べてみました。
2017年9月19日発売(北海道を除く)。198円(税込)。
九州は、宇治抹茶ではなくて「八女抹茶ティラティス」で販売。

ティラティス』とは、
ティラミスで使用されるマスカルポーネチーズの代わりに豆乳クリームを使った、イタリア語で「あなたを元気にする」という意味が込められているスイーツ。ティラミスのおいしさはそのまま、豆乳を使うことでカラダに優しいヘルシースイーツです。

小さなカップの中は意外と盛りだくさん。でも味わいは抹茶ティラティスに集約されているよう。
セブンのスイーツは、要素が盛りだくさんでも、味は統一されていて主役の味わいがはっきり感じられるものが多い印象です。

スポンサードリンク

パンチはないけど、優しい甘さのまろやかな味わい

ふたを開けると、キレイな抹茶色のスポンジクラムが隙間なく一面に。ちょっと苔のような出で立ち・・・。

ひとさじめは、真っ白な豆乳クリームのティラティスムースと抹茶スポンジ。
ティラティスムースは、すごくクリーミーで、優しい甘さ。スポンジの抹茶感はあまりありませんが、中のしっとりスポンジとモフッとしたスポンジクラム、なめらかなムースとの食感がおもしろいです。

スポンジクラムと抹茶スポンジの間にいる濃い色の抹茶ソース。見た目でがっつり苦味抹茶を期待していたのですが、あまりに量が少なくて、一瞬濃い抹茶味!と感じた途端にいなくなってしまいました。味わいよくわからず・・・。

さらに深くもうひとさじすくうと、一番下には抹茶のティラティスムース。抹茶の苦味は少なめで、こちらも優しい抹茶の味わい。

お茶好きとしてはちょっと物足りない感じはありますが、抹茶感も含めて、全体的に優しいまろやかな味わいです。
豆乳感もあまりないので、抹茶の苦味や豆乳が苦手な方も食べやすいのでは。

『豆乳仕立ての宇治抹茶ティラティス』の原材料とカロリー

牛乳、乳等を主要原料とする食品、砂糖、卵、豆乳発酵食品(豆乳、植物油脂、豆乳クリーム、大豆たん白、食塩)、小麦粉、豆乳、クリーム(乳製品)、抹茶、ゼラチン、水飴、植物油脂、グリシン、クチナシ色素、乳化剤、加工澱粉、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、塩化マグネシウム含有物、pH調整剤、酵素、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦を含む)

着色料は使用されています。
製造は、セブンイレブン洋スイーツ御用達の「シェフォーレ」。

カロリーは、150kcal
炭水化物は、14.8g

セブンイレブンでは同日に他にも2つのお茶のスイーツ「ほうじ茶和プリン」、「もちとろ宇治抹茶&チョコ」も発売しています。
豆乳仕立ての宇治抹茶ティラティス』といっしょにチェックしてみては。

今日もお茶で楽しい1日を。

豆乳仕立ての宇治抹茶ティラティス:セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/i/item/08111221.html?category=113&page=1

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2017年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16
スポンサーリンク