セブンの抹茶スイーツ【苺と宇治抹茶のミニかまくら】食べてみた。

セブンイレブンの抹茶スイーツ『苺と宇治抹茶のミニかまくら』を食べてみました。
2017年11月28日新発売。298円(税込)。

ビジュアルとしては、まったくお茶感ありませんが、イチゴのホイップの中に、宇治抹茶のムース、苺のソース、スポンジが入っているスイーツ。

このような構造のスイーツを「かまくら」と呼ぶことを知りませんでしたが、和素材を使用した「ミニかまくら」は、セブンイレブン初のようです。

スポンサードリンク

苦みしっかりの抹茶のムース

まずは、フタをあけて中を拝見。
す、すごいストロベリーの香りです。早くもこのスイーツには抹茶を期待していけない気がしてきました。

中をぱかっと割ってみると、いました抹茶のムース。意外としっかり濃い抹茶色です。
上には苺のソース、まわりにはスポンジもきれいに層になっています。

さっそく実食。
苺のホイップクリームは結構なボリューム感があって柔らかい〜、ホイップ好きにはたまらない感じ。苺のソースの酸味がいいアクセントになるので、この組み合わせは間違いないです。

そして抹茶のムース。
宇治抹茶」と名乗るだけあって、食べてみると意外と苦みがしっかりした抹茶のムースになっています。さすが、2017年に多くの抹茶スイーツを展開しているセブンイレブン。

いっしょに食べてみると、苺の風味とホイップの甘さ、苺の酸味という強豪揃いの中にあって、抹茶の苦みも消えることはなく、期待した以上に抹茶も味わえるスイーツになっています。

原材料とカロリー

原材料:乳等を主要原料とする食品(大豆を含む)、卵、砂糖、クリーム(乳製品)、牛乳、小麦粉、苺ピューレ、植物油脂、水あめ、レモン果汁、苺パウダー、抹茶、苺濃縮果汁、蜂蜜、ゼラチン、乳化剤、グリシン、加工でんぷん、着色料(クチナシ、野菜色素、紅麹、紅花黄)、
糊料(加工でんぷん、増粘多糖類)、グリセリン、香料、酸味料、pH調整剤、V.C。

原材料には、着色料、香料は使用されています。

カロリー:288kcal
炭水化物:26.0g

製造:シェフォーレ

セブンイレブンののほうじ茶スイーツ『苺と宇治抹茶のミニかまくら』。

今日もお茶で愉しい、一日を。

苺と宇治抹茶のミニかまくら:セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/i/item/08111027.html?category=113&page=1

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2017年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16
スポンサーリンク