セブンのほうじ茶スイーツ【栗とほうじ茶の和ぱふぇ】食べてみた。

セブンイレブンののほうじ茶スイーツ『栗とほうじ茶の和ぱふぇ』を食べてみました。
2017年11月28日新発売。298円(税込)。

人気の証!次々出てくるほうじ茶スイーツ。今回のぱふぇは、栗好き&お茶好きにはたまらない秋感たっぷりな組み合わせです。

初秋に発売されたほうじ茶和ぱふぇシリーズの「お芋とほうじ茶の和ぱふぇ」は、安納芋のねっとりな甘さが際立っていた印象なので、今回の栗とほうじ茶のバランスはいかに・・・。楽しみ♪

セブンのほうじ茶スイーツ『お芋とほうじ茶の和ぱふぇ』食べてみた。

2017.09.07

今回も小さなカップの中にかなり盛りだくさん。黒糖寒天が入った主役のほうじ茶ムースの上に、イタリア栗のモンブランとほうじ茶ホイップ、白玉、どら焼きと和洋折衷のオンパレードです。

スポンサードリンク

秋を満喫!見た目も味わいも盛りだくさん

フタを外すと、和風感たっぷりの落ち着きある秋色です。どら焼きの皮のトッピング、おもしろいですね。

まずは大好きなモンブラン&栗ダイスのお味を。ん〜少々甘めですが間違いない! 栗そのもののダイスと風味豊かななめらかモンブランの味わいが広がります。

ほうじ茶ホイップとほうじ茶ムースは、ふわふわっと柔らかめ。渋みや香ばしさは控えめで、ほうじ茶ラテのような優しい味わいです。

ほうじ茶ムースの中の黒糖ゼリーの風味と食感が、優しい味わいのほうじ茶ムースのアクセントになっているようです。

主役のほうじ茶は、ラテのような柔らかい味わいなだけに、濃厚な甘さのダブル栗のインパクトがやや強め。白玉や新登場のどら焼きも、それぞれの素材はとってもいい感じです。

全部いっぺんにというよりは、少しずつ組み合わせていただくと、味わいも食感もいろいろ楽しめて、バランスよく秋を満喫できそうです。

『栗とほうじ茶の和ぱふぇ』の原材料とカロリー

原材料:黒寒天、ほうじ茶ムース、栗餡ホイップ、白玉、ホイップ、ほうじ茶ホイップ、どら焼き皮、栗甘露煮、トレハロース、ソルビトール、加工澱粉、グリシン、乳化剤、香料、着色料(カラメル、紅麹、クチナシ)、環状オリゴ糖、膨張剤、糊料(CMC・増粘多糖類)、酵素、酸化防止剤(V.C)、(原材料の一部に、乳製品・卵・小麦・大豆・ゼラチンを含む)

着色料、香料は使用されています。
製造:十勝大福本舗

カロリーは、267kcal
炭水化物は、37.4g

セブンイレブンの『栗とほうじ茶の和ぱふぇ』。
ほっこりと、スイーツの晩秋満喫してみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

栗とほうじ茶の和ぱふぇ:セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/i/item/08110916.html?category=113&page=1

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2017年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16
スポンサーリンク