セブンイレブンの抹茶スイーツ【宇治抹茶のモンブラン】食べてみた。

セブンイレブンの『宇治抹茶のモンブランプリン』を食べてみました。
2017年12月5日新発売。190円(税込)。

クリスマスシーズンに合わせて発売されている、”おひとりでもお楽しみいただけるスイーツ”シリーズ!先週発売の和洋折衷スイーツ『苺と宇治抹茶のミニかまくら』に続いての第2弾です。

セブンの抹茶スイーツ【苺と宇治抹茶のミニかまくら】食べてみた。

2017.11.29

『宇治抹茶のモンブランプリン』は、正統派プリンの上に、生クリームと抹茶のモンブランがのっています。とってもシンプルな構造です。

スポンサードリンク

抹茶もプリンもしっかり!見た目以上に味わい豊かなクリスマススイーツ

蓋をはずすと、雪の上に立つクリスマスツリーのような趣!
ちょっと低めですけど・・・雰囲気はありますよね。サイズはやや小さめ。

抹茶モンブランのクリスマスツリーの上には粉糖の粉雪も舞っています。

まずは、抹茶のモンブランをいただきます。
ほろにがさはありますが苦味は比較的控えめで、まろやかな味わいの中にも風味豊かな抹茶はしっかり感じられます。宇治抹茶使用。真っ白な生クリームはふわふわでやわらかい甘さです。

プリンは、ちょっと懐かしさを感じる優しい味わいのプリン。甘さは控えめで、固すぎでも柔らかすぎでもないなめらかさがちょうどいい感じ。

素材ごとは美味しくても、一緒に食べるとバランスが・・・?!ってこともあるので、大きく期待せずにパクッといただいてみます。

おっ、おー、おいしい! ぜんぶ一緒にいただいても、それぞれの素材や風味は生きたまま、全体的にはとってもまろやか。さらにちょうど良い甘さやコクが加わって絶妙な味わいです。抹茶の風合いもしっかり感じられます。

写真では見えていませんが、食べ進めるとプリンの下からカラメルが湧いてきて、香ばしさ&ほろ苦さがプラスされ、さらに味わい深くなっているような・・・。
小さなカップの中で、最後まで味の変化を楽しめますよ。

『宇治抹茶のモンブランプリン』の原材料とカロリー

牛乳、卵、ホイップクリーム、砂糖、カラメルシロップ、白こしあん、粉糖、卵黄油、抹茶、ゼラチン、クチナシ色素、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉)、乳化剤、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆、ゼラチンを含む)

原材料には、着色料、香料は使用されています。
製造:シェフォーレ

カロリーは、194kcal
炭水化物は、18.8g

セブンイレブンの『宇治抹茶のモンブランプリン
抹茶好きもプリン好きも、気軽にプチクリスマス!試してみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

宇治抹茶のモンブランプリン:セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/i/item/08111650.html?category=113&page=1

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2017年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16
スポンサーリンク