パティシエ 辻口氏の【名古屋パティシエかりんとう 抹茶】 食べてみた。

友人からお土産で「名古屋パティシエかりんとう 抹茶」をもらったので食べてみました。

パッケージは比較的地味な「名古屋パティシエかりんとう」。
あの有名なパティシエ 辻口博啓氏が手がけているお菓子。辻口氏は、素材にこだわったスイーツで地域振興などもおこなっているようです。

re_161015_13

名古屋名産の素材の「岡崎の八丁味噌」「西尾の抹茶」をつかった名古屋の新定番みやげとして売り出しています。

re_161015_12

西尾の抹茶は、国で初めて特許庁の地域ブランドにも認定された愛知県西尾市の名産。最近よくお菓子でも使われていますね。

関連記事:【西尾の抹茶を巡る #1】 抹茶は宇治だけではない!

スポンサードリンク

「かりんとう」だけどさくっとしたパイ生地

見た目は上品なかりんとうといった感じです。食べてみるといわゆる黒い「かんりんとう」とちがって硬くない。
サクッっとして軽いパイ生地なんです。

re_161015_10 re_161015_17

でも単なるパイ菓子ともちがいます。外側は砂糖でしっかりめのコーティングがされているので、外はカリッと、中はサクッとかりんとう感もちゃんとあっておもしろい食感です。

抹茶の香りと味は薄いのですが、お茶の苦みはかなりしっかりとあるので、お茶のかりんとうとして十分楽しめます。
一つ食べてみると、これが結構、後をひいてしまうおいしさです。

日本茶にも、紅茶にもコーヒーにもあいますね。
パッケージをももう少しおしゃれにしたら話題になりそう。

東海キヨスクで買える名古屋の新おみやげ「名古屋パティシエかりんとう」。
「岡崎の八丁味噌」味とのセットもあるので、おみやげにしたら喜ばれそうです。
名古屋に行ったときは、赤福といっしょにチェックしてみては?

re_161015_16

今日もお茶で楽しい一日を。

名古屋パティシエかりんとう
http://patissier-karinto.jp/

スポンサーリンク