大粒!『チョコボールグランデ<ほうじ茶ラテ>』森永製菓 食べてみた。

森永製菓の『チョコボールグランデ<ほうじ茶ラテ>』食べてみました。
2017年8月29日新発売。

1967年誕生から今年で50周年!”クエックエックエ〜、チョコボール~♪” のCMでおなじみ!みんなに愛されるロングセラー商品の「チョコボール」。

この”チョコボールグランデ”シリーズは、厳選した素材との食感を贅沢に味わえる、定番のチョコボールより、1粒がちょっと大粒なチョコボールです。

お茶味でいうと、グランデシリーズではありませんが、大粒「チョコボール<宇治抹茶>」も発売されています。チョコボールというよりは抹茶チョコクッキーをいただいているような印象でした。今回のグランデシリーズ”ほうじ茶ラテ”は、どうでしょうか?

ひと粒デカっ!森永製菓の【チョコボール<宇治抹茶>】食べてみた。

2017.05.29
スポンサードリンク

ほうじ茶感うすーい!「チョコボールグランデ ほうじ茶ラテ」

50周年を記念して『金・銀のQuoカード』が入っているキャンペーンを実施中。金1,000円券、銀500円券です。箱に直接Quoカードが入っているかもしれないって、ちょっとワクワクしますね・・・。

ジャン! ふたを開けてみると残念。Quoカードはずれ〜。

おなじみキョロちゃんマークのついた中袋と、チョコボールグランデ<ほうじ茶ラテ>の説明がありました。
1粒の大きさは通常チョコボールの3倍だそう!!

大粒のチョコボールが8個入っています。丸さ加減は少しチョコボールっぽい?!
残念ながらほうじ茶の香りはしません

食べてみると、ほうじ茶感は薄いです。ほうじ茶ラテ味だからかもしれませんが、ミルク風味が全面に出ていて、ほうじ茶が隠れてしまっているような・・・。

説明には『ほうじ茶パウダーの中に一番摘み茶葉を80%使用』と書かれているので、ちょっとほうじ茶感を期待してしまいました・・・。

小麦パフはかなり多め。このパフのサクサク食感は美味しいです。
香ばしいほうじ茶味を期待していたのですが、ラテ風味だとどうしてもミルク感が強くなってしまうのかもしれませんね。パフ入りのミルクチョコをいただいているような味わいです。

チョコボールグランデ<ほうじ茶ラテ>の原材料とカロリー

原材料:砂糖、植物油脂、乳糖、デキストリン、小麦パフ、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、ビスケット、ホエイパウダー、ほうじ茶パウダー、水あめ、バターオイル、加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、光沢剤、香料、ベニコウジ色素、膨脹剤

香料、着色料は使用されています。

カロリー:1袋あたり250kcal
炭水化物:29.1g

森永製菓の『チョコボールグランデ<ほうじ茶ラテ>
チェックしてみては。

今日もお茶で素敵な一日を。

▼Amazon / 楽天

金のキョロちゃん缶が当たる50周年記念キャンペーンも実施中。
http://www.morinaga.co.jp/kyorochan/#campaign

チョコボールグランデ ほうじ茶ラテ:森永製菓
http://www.morinaga.co.jp/kyorochan/grande/

スポンサーリンク