京都店限定!サロンドロワイヤルの『抹茶ピーカンナッツチョコレート』食べてみた。

サロンドロワイヤルの『抹茶ピーカンナッツチョコレート』を食べてみました。
1袋450円(税込)。

サロンドロワイヤルは、1935年大阪で創業。チョコレートにおいては、日本の草分け的な存在で、”老舗ショコラティエとして、日本発、和と洋を融合させた本物の美味しさをお届けしたい”と、2012年京都本店をオープン。厳選された材料で作り上げた人気商品を購入するだけでなく、鴨川沿いのカフェで味わうこともできます。

お店で人気のピーカンナッツチョコレートシリーズの抹茶味。キャンディーコーティングした香ばしいピーカンナッツを抹茶チョコレートで包み、その上に抹茶パウダーをまぶしてあるそうです。

このパッケージは、京都店限定の和袋。舞妓さんのお道具なものが散りばめられています。簪(かんざし)、おこぼ(履物)、舞扇(まいおうぎ)、名刺(千社札)など・・・。京都を感じさせ、ちょっとしたお土産にいいですね。

抹茶ピーカンナッツチョコレート』の原材料は
ピーカンナッツ、砂糖、ココアバター、全粉乳、抹茶パウダー、乳糖、脱脂粉乳、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料

香料は使われています。

スポンサードリンク

抹茶は控えめ?!なピーカンナッツチョコ抹茶

パッケージを開けると、小袋が2つ。小腹が空いた時や、分け合うのに便利です。

小袋の中は、まるでお抹茶色の小石のようなチョコが3個入っています。希少な天然のピーカンナッツが丸ごと1個入っているからのこの大きさ、ころっとしていい感じです。

ちなみに中に入っているピーカンナッツとは、クルミ科のナッツ。ナッツ類の中でも植物性脂肪の割合が多く、味はクルミと似ていますが、渋み(苦味)が少なくて、クセがなく食べやすいのが特徴です。

ホワイトチョコの香りがふわっと。抹茶の香りはしません。

パックと一口でいただくと、ほんのり抹茶の苦味感じます。ただ中の抹茶チョコは、残念ながら抹茶風味は行方不明な感じ?!キャンディーコーティングされたピーカンナッツとチョコの甘さに抹茶風味が隠れてしまってるのか・・・。

抹茶はかなり控えめですが、ピーカンナッツの香ばしいカリッと感となめらかなチョコとの味わいは美味しいです。個人的には、チョコにももう少し抹茶の苦味や風味があったらな、と思います。

サロンドロワイヤルの『抹茶ピーカンナッツチョコレート
小腹が空いた時のおやつに、特に京都限定パッケージはちょっとしたお土産にもオススメです。

抹茶ピーカンナッツチョコレート:サロンドロワイヤル
http://www.s-royal.com/collection.html

スポンサーリンク