ランチパックも抹茶!【宇治抹茶クリーム&つぶあん】<山崎製パン>食べてみた。

ランチパック 宇治抹茶クリーム&つぶあんのパッケージ

山崎製パンの『ランチパック 宇治抹茶クリーム&つぶあん』を食べてみました。
2017年3月発売 140円(税抜)

ランチパックの中でもデザート系の1品。地域の特徴ある素材を使った商品シリーズです。他にも「狭山茶クリーム&狭山茶ホイップ」(関東限定)、「伊勢茶入りクリーム&つぶあん」(近畿限定)など、お茶を素材にしたランチパック商品も販売されています。

コンビニやスーパーで必ず目にするランチパック
1984年発売、豊富な種類といつでもどこでも楽しめる美味しさが老若男女に人気の菓子パンです。「ピーナッツ」「青リンゴ」「小倉」「ヨーグルト」の4種から始まって、今や、毎月新製品が発売されており、常時50種類ほど販売されています(一部地域限定販売もあり)。

発売以来、人気No.1はずっと「ピーナッツ」。ちなみに、2016年売り上げ、No.1はもちろん「ピーナッツ」。No.2は「たまご」、 No.3は「ツナマヨネーズ(オニオン入り)」です。やっぱりオーソドックな食材が人気なんですね。

パッケージのキャラクターは、発売時からずっと変わらず、「ランチちゃん」と「パックくん」。
時々、食材に合わせて衣装もチェンジしています。今回はお抹茶に合わせて、野点な感じ。お着物姿も可愛いですね。

抹茶を飲むランチちゃんとパック君

ランチパック 宇治抹茶クリーム&つぶあん』の原材料は、
小麦粉、つぶあん、抹茶クリーム、砂糖混合異性化液糖、マーガリン、パン酵母、食塩、脱脂粉乳、乳化剤、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸Na、着色料(カロテノイド、クチナシ)、グリシン、セルロース、メタリン酸Na、イーストフード、チャ抽出物、pH調整剤、香料、V.C、苦味料、(原材料の一部に乳成分、小麦、大豆を含む)

着色料香料は使用されています。それに苦味料?!なるものも使われていますね。

カロリーは、1個あたり137kcal

スポンサードリンク

抹茶より粒あん強し「ランチパック 宇治抹茶クリーム&つぶあん」

ランチパック、久しぶりに食べましたが、食パンがふわふわ。ランチパック専用に、しっとりふわふわな食感にこだわって焼き上げた食パンだそうです。

中には抹茶色のホイップクリームと粒あん。
抹茶感は、若干香料的な感じですが、ふわっと風味もあり、ほんのり苦味もあります。粒あんの甘さと一緒に食べると、ちょうどいい味わいに。

ただ、場所によって、粒あんの存在感が強いところもあり。抹茶クリーム多めでお願いしたい感じです。

全体的には、お子様もお年寄りも家族みんなで楽しめる甘くて優しい味わいです。おやつにちょうどいい感じ。

次回?は、宇治抹茶ならではの、大人向け苦味の効いた抹茶味を期待したいところですが、ランチパック的には難しいのかな・・・。

手軽に食べれるおやつに最適な『ランチパック 宇治抹茶クリーム&つぶあん』。
定番が常時変わっていくので、見かけたときは試してみて。

今日もお茶で楽しい一日を。

ランチパック 宇治抹茶クリーム&つぶあん:山崎製パン
http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/lineup-gallery/detail.php?product_id=1643&page=1

スポンサーリンク