ローソン限定!【和もちアイス 宇治抹茶】丸永製菓、食べてみた。

丸永製菓の『和もちアイス 宇治抹茶』を食べてみました。
2017年12月5日、ローソン限定発売。248円(税込)。

各メーカーから冬限定のアイスが数多く発売されています。暖かいお部屋でぬくぬくしながら食べる、こってり系の冬アイスはおいしいものです。パッケージも含めて冬アイスの方が豪華なものが多い気が・・・。

食べる価値あり!ハーゲンダッツの【抹茶のオペラ】を食べてみた。

2017.11.24

ローソンのおすすめ!冬アイスの『和もちアイス 宇治抹茶』は、”あいすまんじゅう”で有名な丸永製菓さんとのコラボ商品。限定冬アイスならでは!の和素材盛りだくさんな豪華仕上がりとなっています。

抹茶アイス、おもち、こしあんソース、黒豆、そして宇治抹茶パウダーと、和パフェのよう。

スポンサードリンク

『和もちアイス 宇治抹茶』の原材料とカロリー

原材料:もち(水飴、もち米粉)、乳製品、こしあん、糖類(砂糖、粉飴、水飴、異性化液糖)、黒大豆、抹茶、デキストリン、食塩、乳化剤、着色料(クチナシ、スピルリナ青)、安定剤(増粘多糖類)、香料、増粘剤(キサンタンガム)、(一部に乳成分・大豆を含む)

原材料に着色料・香料は使用されています。
乳脂肪分:8.0%、無脂乳固形分:9.0%の種別:アイスクリームです。

カロリー:213kcal
炭水化物:39.5g

和素材丸ごと全部一緒に食べるのが一番!

箱から取り出すと、おっと、フィルムには注意書きが・・・。

むむむ、では注意してフィルムを外しましょう。
おおー!抹茶パウダーが一面に〜。宇治抹茶ですっぽり覆われていて、中の様子が全くわからない状況です。
顔を近づけると、少し草っぽさもありますが、抹茶っぽい茶葉の香りがします。

にしても、宇治抹茶パウダーの量、ちょっと多すぎやしないか・・・?!(笑)

こんなにある宇治抹茶層、思わずパウダーのみ舐めてみると、うぅ、にがっ!!苦い!これは単体で食べてはいけないレベルです。

気を取り直して、パウダー控えめでひとさじすくうと、抹茶アイスとともに薄く敷かれた甘ーいおもちがいい具合に伸びる〜。抹茶アイスは、色合いは抹茶しっかりなんですけど、苦味は少なめ、抹茶風味もほんのり控えめです。

黒豆は甘さ控えめで、美味しい食感!柔らか素材の中でいいアクセントに。

あんこソースは、さすが”あいすまんじゅう”で有名な丸永製菓さん!量はかなり控えめなのに、存在感あり。個人的にはちょっと甘すぎ。

ところが、全部一緒に食べると、あの大量!にがい宇治抹茶パウダーの存在が生きてくるんです。

宇治抹茶アイス、こしあんソース、おもちと、それぞれの和素材が結構甘めなのですが、あのにが苦抹茶パウダーと混ざり合うことでちょうどいい甘さ具合に変身!

もともと素材だけ食べることはないと思いますが、これは全部一緒に食べるのが正解。
ただお茶好きとしては、抹茶風味が物足りないかな・・・。

冷凍庫から出してしばらく置いてからの方が、お餅も柔らかくなって、素材同士が美味しいバランスでいただけるかも。

ローソン限定!丸永製菓の『和もちアイス 宇治抹茶
暖かいお部屋で、ほっこりとあたたかいお茶のお供にいかが。

今日もお茶で愉しい、一日を。

http://www.lawson.co.jp/lab/uchicafe/art/1316812_4787.html

スポンサーリンク