抹茶を探せ!明治【きのこの山 <抹茶&いちご味>】食べてみた。

明治の『きのこの山<抹茶&いちご味>』食べてみました。
2017年11月28日発売。

”美味しいチョコとクラッカー〜♪”のテーマでおなじみ、チョコとクラッカーが絶妙なハーモニーの「きのこの山」。発売以来40数年間、ずっと愛され続けている明治のロングセラー商品です。

季節ごとに期間限定味が発売されているきのこの山。6月は、抹茶とあずきでした。

すこ〜し抹茶!明治『きのこの山 <抹茶とあずき>』食べてみた。

2017.06.01

今回はどっちも主役級の抹茶といちごの組み合わせ
抹茶のお菓子も多いので、組み合わせる素材も目新しさがなくなっているからなのか・・・。抹茶といちご味! だいたい想像はつくのですが、どんな味わいになっているのか、楽しみです。

スポンサードリンク

抹茶はどこ?いちごの甘酸っぱさが効いてる『きのこの山』

内袋を開けると、イチゴの甘酸っぱい香りがどどっとやってきます(香料的ではありますが・・)。抹茶の香りは感じられず

いちごチョコの上に抹茶チョコがのっている色鮮やかな2色のきのこがわんさか入っています。ビジュアルは抹茶のグリーンといちごのピンクが同等。

味わいは、香り同様に、酸味の効いたいちごチョコ味が強すぎ!!
いちごの甘酸っぱさはいい感じなのですが、抹茶は行方不明。ゆっくり味わって探して探していくと、すこーし抹茶風味を感じるような、気がするような・・・。

抹茶チョコ単体だと、苦味というよりも優しい抹茶風味なので、イチゴの酸味と香りに押されて完全に隠れてしまっている模様です。

クラッカーはいつも通りのサクサク食感が楽しく、チョコとクラッカーのハーモニーは健在です。

『きのこの山<抹茶&いちご味>』の原材料とカロリー

小麦粉、ココアバター、乳糖、砂糖、植物油脂、全粉乳、練乳加工品、ショートニング、いちごパウダー、まっ茶、異性化液糖、麦芽エキス、イースト、食塩/乳化剤、膨脹剤、香料、着色料(クチナシ、フラボノイド)、酸味料、酸化防止剤(V.C、V.E、ローズマリー抽出物)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

香料、着色料は使用されています。

カロリーは、372kcal
炭水化物は、38.1g

明治の『きのこの山<抹茶&いちご味>
イチゴの甘酸っぱさの中から抹茶をさがしてみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

きのこの山 抹茶&いちご味:明治
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/kinotake/products/machaichigo-kinoko/

スポンサーリンク