きのこの山も「ほうじ茶ラテ」!【コンビニ限定】食べてみた。

コンビニの小袋のチョコ菓子。
食べきりサイズなので、仕事でちょっと甘いものが食べたくなったとき気軽に食べれて便利です。

秋になるとお茶フレーバーのチョコ菓子が店頭に並びます。
見かけたのは、

・きのこの山 ほうじ茶ラテ(明治)
・たけのこの里 アールグレイ薫るミルクティー(明治)
・クランキー 抹茶(ロッテ)

re_161016_01

あまり期待せずも食べてみました。

スポンサードリンク

きのこの山 ほうじ茶ラテ

ほうじ茶ラテを使った商品、2016年よく見かけるようになりました。
きのこの山にもほうじ茶ラテです。

re_161016_03

パッケージは秋感満載
ほうじ茶チョコレートの上にホワイトチョコレートがのっている2段構造。

re_161016_05

袋を開けた香りは、ほうじ茶の香りはありませんね。
ミルククッキーのような香り。

食べてみるとこれまた、ほうじ茶の風味はなかなか見当たらない感じです。
でも、スナック部の香ばしさとミルクチョコがまざって、なんとなくほうじ茶ラテのような・・・。
そう!きっとこれがほうじ茶ラテです。

re_161016_06 re_161016_07

ほうじ茶ラテを忘れて食べれば十分おいしい、きのこの山です。

たけのこの里 アールグレイ薫るミルクティー

たけのこの里。パッケージは水色で秋感はあまりありません。
コンビにでも、きのこの山 ほうじ茶ラテは売り切れていて、たけのこの里は残っているケースが何店舗かありました。
ほうじ茶ラテの珍しさだけでなく、パッケージの色味も関係しているのかも。

re_161016_10

たけのこの里派としては、たけのこの里にはがんばってもらいたい。

re_161016_12

袋をあけるとミルクティーの香りがすごい。
アールグレ〜 ロイヤルミルクティ〜 という感じ。
味もしっかりミルクティー感があって、これは文句なしですね。

re_161016_14 re_161016_15

クランキー 抹茶

つづきまして、軽くでサクサク感が楽しめるクランキーチョコ。

re_161016_20

袋を開けた香りは、チョココーティングなのでチョコレート。
半分にしてみると中には濃い抹茶色したチョコが見えます。

re_161016_21

これは少し期待できるかも!
食べてみると、サクサクとしておいしい〜。
そして抹茶は登場せずに溶けて消えていきました。

re_161016_23

そしてもう一つ。
やはり抹茶風味はなし。でも少し苦みがあります。
これは抹茶の苦みなのか?!それともビターチョコ?

3商品ともチョコ菓子として十分においしいので、満足できるのは間違いなし
期間限定なので、お早めに!

re_161016_02

そもそもお茶フレーバーのチョコ菓子は、あまりお茶感は期待してはいけないもの。
ちょっとでもそのお菓子の中にお茶を感じることができたら喜びましょう!

今日もお茶で楽しい一日を。

スポンサーリンク