カルディの抹茶スイーツ!『宇治抹茶の寒天』『抹茶ぷりん』食べてみた。

めずらしい輸入食品やワクワクする商品が溢れていて、ついつい立ち寄ってしまう「カルディ」。店頭でのコーヒーサービスも嬉しいですね。

たくさんある商品の中から、抹茶スイーツを2つ買ってみました。

スポンサードリンク

カルディとは

お店にいくとちょっと気になっていた、カルディの独特なアートのようなデザイン。コーヒー発見の逸話のひとつを基に作られた”山羊飼いカルディと山羊のコーヒー発見の伝説”を描いたものだそうです。
http://www.kaldi.co.jp/corporate/legendofkaldi/

カルディの看板

カルディは1977年、コーヒー豆を喫茶店に卸す焙煎業として「キャメル珈琲」を設立。
その後、下高井戸駅前に「カルディコーヒーファーム」第1号店をオープンし、コーヒー豆、輸入食材、酒類の小売を中心に374店舗(2016年8月現在)に拡大しています。他に、レストランやカフェなどもオープンしています。

『つぶあん入り 宇治抹茶の寒天』を食べてみた

まずは、カルディオリジナルの『つぶあん入り 宇治抹茶の寒天』を食べてみました。
夏限定販売。145円(税込)。

ふたを開けると、抹茶寒天とつぶあんが個別にパッケージされています。寒天の中に、赤えんどう豆もはいってます。抹茶寒天は、宇治抹茶使用。

お皿に盛りつけてみると、涼しげでおいしそう!

寒天は、抹茶風味もほんのりあって、もちもちっとした食感も美味しいです。えんどう豆の塩っけと、粒感は少ないですがつぶあんの甘さもちょうどいいです。個人的には、ちょっと寒天が小さすぎる気がしてますが・・・。さっぱり美味しくいただけます。

原材料に、香料は使用されています。

寒天部:果糖ぶどう糖液糖、宇治抹茶、赤えんどう豆、植物油脂、酵母、乳製品、デキストリン、食塩、乳蛋白/ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、香料、酸味料、酸化防止剤(V.C)、乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)
あん:砂糖、小豆、果糖ぶどう糖液糖、食塩

カロリーは、100gあたり93kcal(1パック約260kcal)。

もへじ『抹茶ぷりん あずき入り』食べてみた

次に、もへじのオリジナル商品『抹茶ぷりん あずき入り』を食べてみました。
210円(税込)。イラストがかわいいです。

「株式会社もへじ」は、カルディコーヒーファームのグループ企業で、国内商品を取り扱うとともに、オリジナル商品の開発も行っています。カルディでもよく見かける、赤い「もへじ」マークがついています。

かなりしぶ〜い色合いの”抹茶ぷりん”が詰まっています。北海道産のあずきはまだ見えません。

想像以上にねっとり濃厚な口当たりです。そしてすっごくあまい。抹茶の風味はありますが、ちょっと香料抹茶っぽい感じもします。底の方に甘さ控えめなあずきが登場。一緒に食べると、あずきのつぶつぶ食感と風味で、少し味わいが和らぐかも。

個人的には甘すぎる気がしますが、濃厚なのが好みの方には、たまらないのかもしれませんね。

原材料に、香料は使用されています。

牛乳、かのこ小豆、乳等を主要原料とする食品、砂糖、加糖卵黄、加糖練乳、抹茶、ゼラチン、甘味料(トレハロース)、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

カルディの抹茶スイーツ2種、さっぱり派とこってり派。あなたはどっちがお好み?
どちらもつめたく冷やしていただくのがおすすめです。

今日もお茶で楽しい一日を。

カルディ
http://www.kaldi.co.jp/

スポンサーリンク