箱入りでプレミアム!な【あいすまんじゅう八女抹茶】食べてみた。丸永製菓

丸永製菓の『PREMIUM あいすまんじゅう 八女抹茶』を食べてみました。
2017年9月11日発売 180円(税抜)

1962年に発売の丸永製菓の「あいすまんじゅう」は今年で55周年だそうです。そんなにロングセラー商品だったんですね〜。
その節目として発売された「プレミアムあいすまんじゅう」。種類はバニラと八女抹茶の2品。

光沢感のある箱はスーパーのアイスケースでもかなり目立ってました。

あいすまんじゅう八女抹茶にはレギュラー商品があります。夏にはファミマ限定で「もち入りのあいすまんじゅう八女抹茶」も販売されていました。

【あいすまんじゅう 八女抹茶】ファミマ限定は『もち入り』だぁ!丸永製菓。

2017.07.11
スポンサードリンク

何がプレミアムのあいすまんじゅう?

いったい何がプレミアムなのかというと。

八女抹茶の他に「八女玉露」を使用していること。玉露は旨味が味わえるお茶です。
もうひとつは、乳脂肪分が13.5%のアイスクリームを使用していること。レギュラーの乳脂肪分は8%なので、これはかなり高めですね。ちなみに、ハーゲンダッツ抹茶の乳脂肪分も13.5%です。

容量は85mlで、レギュラーより15ml少なくマルチパックと同じサイズ。
価格も税抜きで50円高い180円です。

『プレミアムあいすまんじゅう八女抹茶』の原材料とカロリー

原材料:小豆あん、乳製品、砂糖、牛乳、卵黄、抹茶、玉露、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、(一部に乳成分・卵を含む)

原材料に香料は使用されています。
乳脂肪分:13.5%だけでなく、無脂乳固形分:9.0%、卵脂肪分:0.8%も、ハーゲンダッツ抹茶と同じ

カロリー:157kcal
炭水化物:46.6g

ミルク濃厚、ほろ苦さもしっかり

カラカラカラ、、、開け方も箱入りのお菓子を開けてるようです。

15ml少ないので、やはりちょっと小さめ。

あいすまんじゅう独特のフォルム。梅鉢型と呼ぶそうです・・・。
見た目の色味は、レギュラーと変わりなさそうです。

北海道の小豆を使ったあんは、期待通りたっぷり詰まっているようです。

食べてみると、乳脂肪分が高いだけあって、確かにミルク風味がしっかりしていて濃厚〜。
ここに餡が加わってくると、餡の甘さと濃厚ミルクは、今まで以上にヘビー級敵なし。

お茶の風味はというと、あんの存在感が強いのでいっしょに食べているとかなり控えめですが、後味に抹茶のほろ苦さがちゃんとあります。

抹茶の風味も自然。
玉露の旨味はわかりませんが、抹茶の苦みがヘビー級のコクと甘さにメリハリをつけてくれています。個人的にはもっと抹茶が濃いとよりプレミアム感を楽しめた感じ・・・。

でも小振りでも食べ終わった後の満足度は高く、箱だけなく、ちゃんとプレミアム感を感じることができるあいすまんじゅうです。

『PREMIUM あいすまんじゅう 八女抹茶』。
チェックしてみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

【あいすまんじゅう 八女抹茶】ファミマ限定は『もち入り』だぁ!丸永製菓。

2017.07.11
スポンサーリンク