不二家のルック「抹茶フォンデュ<神楽坂茶房監修>」食べてみた。

不二家ルックの期間限定商品「神楽坂茶寮監修 抹茶フォンデュ」を食べてみました。

130円(税込)、12個入り

不二家のLOOK(ルック)は、1962年発売の超ロングセラーのチョコ菓子。

LOOK(ルック)といえば、黄色いパッケージと「LOOK」ロゴ。発売時のロゴはタバコのラッキーストライクやピースのロゴもデザインしているフランスのデザイナー レイモンド・ローウィ氏のデザイン。

神楽坂茶寮監修のLOOK(ルック)

「抹茶フォンデュ」は、東京の神楽坂にある和カフェ「神楽坂 茶寮」の監修。人気メニューである「京抹茶のチョコレートフォンデュ」をイメージしているという商品。

re_170214_602 re_170214_605

今回の「神楽坂茶房 監修」シリーズは他に、カントリーマアムやミルキーもでています。パッケージデザインが美味しそうなので思わず3つまとめ買い。

re_170214_614

関連記事:和パフェ?!カントリーマアム「お茶香る和パフェ<神楽坂茶寮監修>」食べてみた。
関連記事:やさしい抹茶ラテ!ミルキー「宇治抹茶ラテ<神楽坂茶房監修>」食べてみた。

神楽坂茶寮のHPの「京抹茶のチョコレートフォンデュ」の説明には、

京抹茶のチョコレートフォンデュ
香り高い京都宇治の抹茶とホワイトチョコを合わせた温かい和風チョコレートフォンデュ。

ルックの抹茶のフォンデュは、2種類のタイプ「サクサク抹茶味」「とろ~り抹茶味」が楽しめるようですが、カントリーマアムの「和パフェ」同様に、なかなかハードルが高い挑戦ですね!

re_170214_603

100%の表記はありませんが、京都産宇治抹茶使用

「ルック 抹茶フォンデュ」の原材料は、
砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココアバター、抹茶ソース、乳糖、乳等を主原料とする食品、抹茶、ドライクレープ(乳・小麦を含む)、脱脂粉乳、酒精飲料、乳化剤(大豆由来)、香料、トレハロース

香料は使用されています。

re_170214_607

カロリーは、259kcal(1箱)
ごはん1膳程度。

re_170214_609

フォンデュ感は、抹茶ソースにほんの少し

左半分に「サクサク抹茶」、右に「とろ〜り抹茶」。

re_170214_611 re_170214_610

味は2種類だけど、チョコ表面のデザインは4種類。

re_170214_606

さくさく抹茶」は、
チョコレートのコーティングの中に、「フィアンティーヌ」と「宇治抹茶クリーム」が入っています。

フィアンティーヌとは、
クレープのような薄い生地をカリカリに焼いて砕いたもの。

食べてみると、抹茶感はかなり薄いのですが、噛んで食べるとファンティーヌの食感がサクサクしていておいしい。

re_170214_613

とろ〜り抹茶」の方には、
チョコレートのコーティングの中に「宇治抹茶ソース」と「宇治抹茶クリーム」。

食べてみると、抹茶ソースがとろ〜りというほど多くないですけど中からでてきます。
ソースには抹茶感があるので「さくさく抹茶」よりは抹茶を楽しめます。

re_170214_612

期間限定のルックの「抹茶フォンデュ」。
抹茶のフォンデュを感じられるかは微妙ですけど、フィアンティーヌ食感と少しの抹茶は楽しめるのでチェックしてみては?

▼Amazon / 楽天

今日もお茶で楽しい一日を。

ルック(LOOK):不二家
http://www.fujiya-peko.co.jp/look/index.html

スポンサーリンク