ファミマの【ほうじ茶薫るクレームショコラ<ケンズカフェ東京監修>】食べてみた。

ファミリーマートのほうじ茶デザート『~ほうじ茶薫る~クレームショコラ<ケンズカフェ東京監修>』を食べてみました。
2017年11月7日発売。198円(税込)

監修の”KEN’S CAFE TOKYO”とは・・・
東京の新宿御苑前にお店を構える、ガトーショコラの専門店。小麦粉を使用しないグルテンフリー製法で、4つの最高峰の素材のみで作られたシンプルでゴージャスな究極のガトーショコラは、国内外よりおすすめの手土産として大人気の逸品です。

ファミマで9月に発売された『~抹茶薫る~クレームショコラ<ケンズカフェ東京監修>』は同シリーズの抹茶版。今回の新商品は、ケンズカフェ東京では初の”ほうじ茶”を使ったシェフ渾身の一作。フランス産のコクのあるホワイトチョコが使用されていて、チョコとほうじ茶のコラボも楽しみです。

ファミマ抹茶スイーツ『抹茶薫るクレームショコラ<ケンズカフェ東京監修>』食べてみた。

2017.09.11

また、ほうじ茶テイストのガトーショコラは、セブンイレブンでも発売されていました。セブンの『ほうじ茶の生ガトーショコラ』は、甘さ控えめで、ほろにがほうじ茶を味わえる大人なスイーツでした。

セブンのほうじ茶スイーツ『ほうじ茶の生ガトーショコラ』食べてみた。

2017.08.30
スポンサードリンク

『~ほうじ茶薫る~クレームショコラ』の原材料・カロリー

原材料:乳等を主要原料とする食品、卵黄、砂糖、チョコレート、緑茶、乳化剤、メタリン酸Na、ph調整剤、増粘多糖類、カゼインNa、香料、(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む)

香料は使用されています。
製造:ロピア

カロリーは、176Kcal
炭水化物は、11.7g

ほうじ茶の後味しっかり!ねっとり濃厚なクレームショコラ

フタをあけると、おっ!こげ茶のクレームショコラの上に真っ白いクリームが・・・。抹茶版は、トッピングなしのシンプルな抹茶クレームショコラだったので、クリームの存在はちょっと意外。

ほうじ茶の香りがふんわり。
味わいは、まずチョコレート風味がやってきて、その後ほうじ茶の香ばしさとほろにがさが口の中に広がります。ちょっと残りすぎなくらい、後味はほうじ茶

一緒に食べることで甘さと渋みを調和させているのだと思いますが、クリームは甘みが強くて、油分高めな感じです。

スプーンですくうと、すぐにカツンとカップの底にあたってしまいました。量少なっ!
まあ、濃厚なのでこれくらいで、ということかもしれません・・・。カロリーもそこそこありますし。

ねっとり濃厚なのに、なめらかに溶けていく感じは、さすがケンズカフェ東京監修ならではですね。

ファミリーマートのほうじ茶デザート『~ほうじ茶薫る~クレームショコラ<ケンズカフェ東京監修>

今日もお茶で楽しい1日を

~ほうじ茶薫る~クレームショコラ:ファミリーマート
http://www.family.co.jp/goods/dessert/1949032.html

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2017年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16

おいしい〜!ローソン【加賀棒ほうじ茶の純生クリーム大福】食べてみた。

2017.11.08
スポンサーリンク