桜の香りに癒される!ひな祭りも、おもてなしのお茶『桜茶』で。

3月の行事といえば、3月3日の『ひな祭り』。

雛人形を飾り、ちらし寿司に蛤のお吸い物。ひなあられ、そして白酒、甘酒…とひな祭りにには美味しいものがたくさん。
「桜餅」もこの時期に食べたくなるスイーツです。

「お茶」にも、ひな祭りに合うお茶はないのかと思ってさがしてみました。

香り豊か!風情を感じさせる、あわーいピンクのお茶?!

桜茶」ってご存知ですか?

桜茶とは、お茶といっても茶葉ではなく、桜の花びらを塩漬けにしたもの。
そこに白湯を注ぐことで、花びらが開き、美しい桜の花が浮かぶお茶になります。桜湯とも呼ばれています。お茶成分は入っておらず、水色も透明(うすいピンク)なお茶。

桜茶の原材料は
桜(国産)、漬け原材料(食塩、梅酢)、酸味料、みょうばん

20g(16房ほど)入りで、324円(税込)。 

桜茶の入れ方

桜茶の入れ方は簡単です。

用意するもの(1人分)
桜茶 1房
熱湯 適量

桜茶を一房ずつ分け、塩抜きします。
※塩抜きは、水でも大丈夫ですが、ぬるま湯に5分ほど浸すとより良い。(桜茶の中心部の塩抜きはしっかりと)

湯のみに塩抜きした桜茶を一房いれます。

白湯をゆっくりと注ぎます。

花びらが少しずつ開いていくのが、なんとも癒されます。

塩抜きをしたお湯の薄くピンク色に色づいた上澄みをスプーン1杯、桜茶にいれるとより淡いピンクに。
少し蒸らして、花が開いたら完成。

お湯のみの中で花びらが舞いながら開いていく様と桜の香りが心穏やかにしてくれます。まさに春の季節も一緒に味わっているようです。
お茶(湯)とともに桜も一緒にいただけます。

お祝いの席で、もてなされるお茶

桜茶は、花びらが美しく咲き開くので、結納などお祝い事でのおもてなしに用いられることが多いようです。

お祝いの席では、「お茶をにごす」「茶茶を入れる」という意味につながることから、煎茶などお茶は使わず、縁起を担いで『花開く』という意味で桜湯『よろこぶ』という意味で昆布茶などにお菓子を添えておもてなしされてました。

先人の知恵の深さには、驚かされます。
見た目も華やかで美しく、風情を感じさせるおもてなしの1杯に最適なお茶ですね。

桜茶でこんなに楽しみ方も

桜ご飯
桜茶(桜の塩漬け)を炊く前に半量、炊いた後に半量混ぜ込むだけ。いつもの食卓がちょっと色鮮やかに。
お花見やピクニックのお供には桜ご飯おむすびがおすすめ。お弁当も少し華やかになりますね。

桜ほうじ茶
お茶風味も桜風味春も一緒に味わいたい!そんな時は、桜ほうじ茶を…。
上記の桜茶の入れ方の白湯をほうじ茶に変えれば、桜ほうじ茶の出来上がり。

桜の花も、鑑賞だけでなく、香りや食で楽しむのもおもしろいですね。

お祝いごとだけじゃ、もったいない!
見た目も可愛らしく、ひな祭りの華やかさにもにピッタリです。
そして、これからの季節なら、お花見の席でも、桜茶を味わってみてはいかがでしょうか。

今日もお茶で素敵な一日を。

スポンサーリンク