水筒、保温ポットのお茶はすぐに酸化する?

水筒や保温ポットに温かいお茶をいれておくと、酸化が早いといいます。
実際に試して見ました。

急須でいれた煎茶と保温できる水筒を用意します。

ファイル_001 (2)

煎茶を二つのコップにいれます。水の色は明るい黄緑色です。

ファイル_002 (1)

片方を保温できる水筒にいれます。

ファイル_003

蓋をしめて、4時間おきます。

ファイル_004

4時間後、水筒からお茶をコップに戻してみます。

ファイル_005

常温の方とくらべると水筒の方はこんなに茶色になりました。味も渋みがでています。

ファイル_006

これは、カテキン(タンニン)酸化したからです。飲めなくなるわけではありませんが、保温した状態で半日以上たったお茶は飲むのをおすすめできません。

水筒に入れるのなら冷茶かティーパック

水筒に入れて持ち歩くなら酸化が早く進まない冷茶がおすすめです。
温かいお茶にする場合は、お湯お茶のティーパックを別にして飲む時にお茶を作るようにしては如何でしょうか?
最近はお茶のティーパックでもいい商品がでていますので、十分淹れたてを楽しめます。

スポンサーリンク