だから夏は『麦茶』がいい。ノンカフェインでミネラルが豊富。

暑い日といれば、「麦茶」。
子供のころ、誰の家の冷蔵庫にも必ずあった冷たい飲み物です。
家に帰ると真っ先に、冷蔵庫から冷たい麦茶を取り出してゴクゴク飲んでいたものです。

でも最近は、色々な冷えたお茶がいつでもどこでも手に入るようになって、夏の絶対的な飲み物「麦茶」の存在感が薄くなってしまった気がします。

麦茶」の原料は大麦。

同じ麦類の小麦は、パン、パスタ、うどんの原料となり、大麦は、ビール、麦味噌、麦ご飯になります。

スポンサードリンク

麦茶は六条大麦

大麦にも種類があって、麦茶に主に使われているのは「六条大麦」。
ビールには「二条大麦」が使われています。麦茶によっては、六条と二条をブレンドしているものもあります。

ペットボトルの麦茶商品に、「六条大麦を使った」など記載されています。「六条大麦」がなにか特別感のある大麦のように感じてしまいがちですが、実は麦茶は普通、六条大麦を使っています。当たり前ということですね。
麦茶によっては二条大麦と六条大麦をブレンドした麦茶もあります。

六条大麦の生産量は、
福井県1位、富山県2位。この2県で日本全国の半分以上を生産しています。

麦は、秋に芽がでて冬から春に育ち、初夏に刈り取られます。
その大麦を焙じたものを煮出すと麦茶になります。

ファイル_000 (33)

どうして夏になると麦茶なのか?

麦茶には、あつくなった体を冷やす効果があると言われています。

夏汗をかくと、ミネラル(ナトリウム、カリウム)が体からでて不足します。
不足すると、より熱中症の原因になります。麦茶には、そのミネラル(ナトリウム、カリウム)が含まれているので、予防に効果的です。

そして、麦茶は、ノンカフェイン、ノンカロリーです。
だから、子供が夏にゴクゴク飲んでも安心です。

麦茶には、玄米にも含まれるGABA(ガンマアミノ酪酸)が含まれています。
GABAは、血圧を下げたり、中性脂肪を抑える役割があると話題の成分です。

麦茶は自宅で煮出して作る!

麦茶を飲むなら、ぜひ、自宅で煮出した麦茶を飲むことをおすすめします。
自宅で煮出している時の麦の香り。とても癒されます。
夏だな〜 という季節感と、楽しい夏休みの思い出がこみ上げてくる香りです。

煮出し用の麦は、スーパーで簡単に購入できます。
麦は、「丸粒の麦」がおすすめです。

ファイル_000 (31)

商品によって粒をつぶしてある麦があります、短時間で色、味を出せるのでとても便利なのですが、やはり、香ばしさ、まろやかさ、澄んだ水色は「丸粒の麦」ならではです。

麦の袋。運動会で玉入れに使ったお手玉の香りがします。

今年の夏はぜひ、自宅で麦茶を煮出して夏を満喫してください。

ファイル_001 (17)

今日もお茶で素敵な一日を。

▼Amazon / 楽天

『はだか麦』の麦茶ってなに?普通の麦茶と何がちがう?

2017.06.27

『はと麦茶』と『麦茶』の違いはなに?

2017.06.25
スポンサーリンク