お茶を20分毎に一口飲んでいると「風邪を予防」できる!?

1月、2月は風邪やインフルエンザがピークになる季節。
外出時のマスクや、帰ってからのうがい、手洗いなど、予防にも気をつかいます。

最近、テレビ番組で医師が言っていた風邪やインフルエンザの予防法。

こまめにお茶を飲む」。

え!

風邪の予防には、子供のことから「うがい」、と教育されてきただけに驚き。この説は一つの番組だけでなく複数の番組で、ちがう医師によっても紹介されていました。

20分毎に一口お茶を飲む

その説。お茶を飲む間隔は、20分に1度程度
飲む量は、一口程度でいいそうです。

飲むものは、もちろん「お茶」ではなく、「」でもOK。

お茶を一口飲むことで、のどに付いたウィルスを胃に流してしまう効果があり、胃に流してしまえばウィルスは胃酸で働きが弱まるそうです。

ウィルスがのどに付くと粘膜から短時間でカラダの中に入ってしまうため、20分に一度ぐらいは飲むことがとても大切。

たまの「うがい」では意味がないとのこと・・・。

たしかに、「うがい」は吐き出さないといけないので、どこでもするわけにはいきません。会議中や、授業中などは無理。一口飲むのであれば、簡単ですよね。

この説。内科や小児科などの医師も実践しているとか。

お茶のカテキンも一緒に

水でも効果は同じですが、どうせ飲むなら「お茶」。
特に緑茶には、免疫力のアップや抗酸化作用も期待できるカテキンが含まれているので、風邪の予防にもオススメです。

一番手軽なのはペット茶の常備ですが、マイボトルに自宅で温かいお茶を入れて持ち歩くのもいいですよね。
最近は、高機能で使いやすいマイボトルもでているので、どこでも本格的なお茶を楽しめます。

関連記事:超おすすめのマイボトルでた!Vitantonio「ツイスティー」新登場!

カフェインの過剰摂取には注意して

予防といっても20分の一度、お茶を飲んでいると、カフェインの摂取もそれなりに多くなります。とくに、妊娠している方やお子さんは気をつけましょう。

玄米茶などカフェインの少ないお茶や、カフェインの含まれない穀物系のお茶がオススメです。

関連記事:たくさんある!【ノンカフェイン(カフェインゼロ)】のお茶一覧

風邪の多い季節、20分毎にお茶を一口飲んでできる風邪予防の説。試してみる?
もちろん、こまめなしっかりとした手洗いもお忘れなく。

今日もお茶で素敵な一日を。

「うがい」自体も科学的には証明されていないようですね。

スポンサーリンク