『はと麦茶』と『麦茶』の違いはなに?

夏は麦茶の季節。ノンカフェインでミネラルが豊富な麦茶は、汗をかいた時の水分補給に最適なお茶です。香ばしくて甘みもある麦茶。冷やしてごくごくと飲みたくなります。

麦茶の売場でよくみかける『はと麦茶』という商品。「麦茶」としか書かれていないものと、いったい何が違うのか気になりませんか?

スポンサードリンク

ブレンド茶には普通に使用されている

「はと麦」はブレンド茶の原材料によく使用されています。ノンカフェインのペット茶としても人気の十六茶や、爽健美茶のブレンド茶にも使用されています。

十六茶と爽健美茶のボトルアップ

十六茶の原材料の最初に「ハトムギ」

十六茶の原材料

爽健美茶の原材料の最初にも「ハトムギ」

爽健美茶の原材料表示

はと麦を原料としたお茶は、意外と気がつかないところで普段でも口にしているということですね。

一般的な「麦茶」は六条大麦

麦茶は、その名前の通り「」を原料としたお茶です。麦にも色々な種類がありますが、一般的にいう「麦茶」とは『六条大麦』を原材料したものをいいます。

ペットボトルの麦茶の商品でも「六条」と名前の付いたものを見かけます。なにか特別な麦茶のような感じもしてしまいますが、実は普通の「麦茶」のことなんです。

はと麦も六条大麦も同じイネ科

はと麦茶の原料は『はと麦』です。一般的な麦茶の原料となる「六条大麦」と同じイネ科の植物ですが、麦より「とうもろこし」に近いといわれています。

収穫時期は六条大麦が5月〜6月ですが、はと麦はお米の収穫時期に近い9月〜10月です。
産地は六条大麦が主に、富山、福井、茨城、栃木、はと麦の産地は、栃木、富山、岩手、島根などです。

はと麦は薏苡仁(よくいにん)という漢方の原料

はと麦は、漢方薬として知られている薏苡仁(ヨクイニン)の原材料でもあります。ヨクイニンには肌を整える効果があると言われていて化粧水などにも使用されています。あの歴史上の美人としても有名な楊貴妃も好んでいたとか・・・。

ヨクイニンは、はと麦の実から作られますが、実を焙煎して煮出すとはと麦茶になります。

明るい黄金色ですっきりした麦茶

伊藤園「はと麦茶」のティーパックタイプを水出しして飲んでみることにしました。

「はと麦茶」商品はスーパーなどでも種類が少なく1つか2つ程度。ペット茶では伊藤園が「伝承の健康茶 はと麦茶」という商品を出していますが、お店で並んでいるのをみかけたことがありません。

はと麦茶の作り方は一般的な麦茶と同じ。水出しの場合は水にパックを入れて冷蔵庫で2時間程度で抽出されます。

水色は明るい黄金色。麦茶の水色に比べるとかなり薄いので一般的な麦茶のイメージでいると、まだ抽出されていないように感じてしまいます。

飲んでみると、見た目の水色より、香りも味もしっかりしていて香ばしく甘みもあります。麦茶とは少しちがう風味で、どちらかというと玄米のような米の香ばしさと甘みがあるように感じます。麦茶よりクセはある印象ですがすっきりして飲みやすいお茶です。

肌にもちょっと良さそうな「はと麦茶」。
六条麦茶と飲み比べしてみてはいかがでしょうか。

▼Amazon / 楽天

今日もお茶で楽しい一日を。

だから夏は『麦茶』がいい。ノンカフェインでミネラルが豊富。

2016.05.26

『はだか麦』の麦茶ってなに?普通の麦茶と何がちがう?

2017.06.27
スポンサーリンク