抹茶には【カフェイン】がどのくらい含まれている?

緑茶の一つである抹茶にも『カフェイン』が含まれていますが、どのくらい含まれているかご存知でしょうか?
抹茶ラテ、抹茶スイーツ、抹茶アイス。スタバやコンビニでも抹茶を使った商品をとてもよく見かけます。

カフェインは気になるのでコーヒーは1日1杯、カフェインゼロの穀物系ブレンド茶を飲むようにしているけど、抹茶ラテや抹茶のスイーツのカフェインはとくに気にしていないという方も多いはず。

スポンサードリンク

文部科学省『日本食品標準成分表』によると

抹茶』も煎茶や紅茶と同じお茶の葉からできているので、カフェインが含まれています。
文部科学省の『日本食品標準成分表』には、抹茶のカフェイン量についてこのように記載されています。

種類<粉末> カフェイン量(粉末100g当り)
抹茶 3.2g/100g
煎茶 2.3g/100g

抹茶の粉末100gの中には、3.2gのカフェインが含まれているということですね。
100gだとイメージできないので、抹茶1gの粉末に換算、カフェインも【g】ではなく、【mg】の表示にしてみます。

種類<粉末> カフェイン量(粉末1g当り)
抹茶 32mg/1g
煎茶 23mg/1g

抹茶の粉末1gの中には、32mgのカフェインが含まれていることになります。

抹茶のカフェインはコーヒーと同じ

お湯で抹茶を点てる場合、1杯に使用する抹茶の量を『一保堂茶舗』の点て方で見てみると、

抹茶の点て方 抹茶の量 お湯の量
薄茶 2g(小さじ1杯) 60ml
濃茶 4g(小さじ2杯) 30ml

薄茶だと2g、濃茶の場合は4gの抹茶が目安になっています。カフェイン量で計算してみると、抹茶1杯を飲んだときに摂取するカフェイン量は下記になります。

抹茶の点て方 カフェイン量 分量
薄茶 64mg 抹茶2g、お湯60ml
濃茶 128mg 抹茶4g、お湯30ml

一般的にお店や、お寺などで出されるお抹茶は『薄茶』なので抹茶1杯を飲むと64mgのカフェインを摂取していることになりますね。

これは、コーヒー1杯(10gの豆で淹れた150ml)のカフェインが60mgなので、抹茶(薄茶)1杯はコーヒー1杯とほぼ同じ程度のカフェイン量です。

ちなみに、ペット緑茶のサントリー伊右衛門の500mlに含まれるカフェイン量は50mg。
抹茶(薄茶)1杯は、ペット緑茶1本より少し多め。

種類 カフェイン量 分量
抹茶(薄茶) 64mg 抹茶2g、お湯60ml
コーヒー 60mg 豆10g、150ml
伊右衛門ペット茶 50mg 500ml

抹茶ラテの場合、200ml程度なら抹茶(薄茶)のカフェイン量(64mg)と同じ程度です(コーヒー1杯と同じ)。

カフェインの過剰摂取に気をつけながら、抹茶を楽しみましょう。

今日もお茶で素敵な一日を。

文部科学省の『日本食品標準成分表』
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365420.htm

気になるお茶の【カフェイン】1日どのくらいなら安全なの?

2016.11.30
スポンサーリンク